読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

居酒屋で「おっぱい最高」と言ったら、近くの人が吹き出した物語

どうも、こなゆきです。

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain

 

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「お。メッセージが届いているでござる。後輩からでござるなあ。懐かしいでござる。」

f:id:konayuki358:20160828183249p:plain

 

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「こなゆきさん、お元気ですか?久しぶりに飲みに行きません?たまには、お話ししませんか?」

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「久しぶり!元気でござる。飲みはOKでござる。この日に、東京のあの駅前のあの改札口の前あたりに集合でいいかな?」

 

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「ありがとうございます!一緒に飲みながら、お話しできるのが楽しみです!」

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「拙者も楽しみでござる!」

 

ーーーーー

当日

f:id:konayuki358:20160828184025p:plain

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「おまたせ〜。久しぶり!後輩くん、元気にしてたかい?」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「お久しぶりです!元気でしたよー!こなゆきさんはどうでした?」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「おー。元気元気でござるー。さて、飲みに行くでござるー。」

 

 

店につく

f:id:konayuki358:20160828193950p:plain

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「さてと。何飲む?拙者、久しぶりに生にするでござる」

 

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「じゃ、私も生でお願いします〜」

 

f:id:konayuki358:20160828195540p:plain

 

f:id:konayuki358:20160828204551p:plain

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「かんぱーい!」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「かんぱーい!」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ぐびぐび。くぅ〜。久しぶりの生はうまいでござるなあ!1ヶ月ぶりくらいでござるぅ」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「おいしいですね〜。久しぶりって、そんなに間が空いてたんですか?」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ひどい風邪を引いちゃってさ〜、しばらく飲んでなかったんだよね〜。熱も38度6分くらいまで上がったり、丸1日ご飯たべれなかったりした日もあったでござる」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「それは大変でしたね〜。」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「うんうん。大変だったでござる。モグモグ。焼き鳥も美味いでござるなあ!キンキンに冷えた生とアツアツの焼き鳥!たまらないでござるなあ〜。」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「めっちゃ幸せそうな顔してますねwww」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「美味いものを、誰かと一緒に食べれる時間って幸せでござるからね。そりゃあ、幸せでござるよ。」

 

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「おお〜。いいですね。なんだか、こちらまで幸せな気分になります。考えてみたら、そうですよね〜。一緒に美味しいものを食べれる時間があるって幸せなことです。」

f:id:konayuki358:20160828205518p:plain

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ふう〜。2杯目頼むけど、何飲む?」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「じゃあ、生でお願いします。」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「注文お願いしまーす!生2つ、お願いします!」

 

f:id:konayuki358:20160828211317p:plain

f:id:konayuki358:20160828211602p:plain「いい匂いだね〜。まーくん。」

f:id:konayuki358:20160828211613p:plain「そうだね、ゆい〜」

f:id:konayuki358:20160828211805p:plain

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「仲のいいカップルでござるなあ。楽しそうでござる。後輩くんは彼女とかいるでござるか?」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「はい、実は、いるんですよ〜。Fカップの彼女ができたんですよ〜。えへへ〜w」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「えへへ〜wじゃないでござるよ〜wwwいいねえ!仲良くやっているでござるか?w」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「そりゃあ、仲良くしてますよ〜ww3日前もデートしてきました〜w」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「まったく〜wwのろけちゃって〜wwそれで、どうなの?Fカップ。やわらかいの?」

f:id:konayuki358:20160828183315p:plain「そりゃあ、もちろん。ぷるんぷるんのたゆんたゆんですよ〜www」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ぷっっ、ぷるんぷるんのたゆんたゆんんんwwww」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「くぅ〜!おっぱい最高ー!!www」

 

グビグビと生を飲み干し、

くぅ〜!おっぱい最高と言い放った瞬間、

向こうのテーブルの男の人(f:id:konayuki358:20160828211613p:plainまーくんと呼ばれてた人)と目が合う

 

 

拙者の満面の笑みを見てしまった、まーくん。

 

f:id:konayuki358:20160828223037p:plain

f:id:konayuki358:20160828211602p:plain「ちょっとぉ〜wwwまーくんったら、どうしたのーwww」

f:id:konayuki358:20160828211613p:plain「げほっwげほっwwごめん、ゆいーww」

 

 

ーーーーー

 

f:id:konayuki358:20160828223348p:plain

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ゆ、夢・・・でござるか・・・」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「楽しい夢だったでござるなあ。」

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「ん?枕の下にこんな紙が」

 

f:id:konayuki358:20160828224446p:plain

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「成長できたのかな・・・」

 

 

※この物語は、こなゆきの妄想によるフィクションです。実際の出来事ではないです。

 

f:id:konayuki358:20160828231309p:plain

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「枕の下に紙が入っていた理由はこちらで見れるでござる。」

www.konayuki358.com

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「それで、こちらがほんの少しだけ真面目な方でござる。」

www.konayuki358.com

 

f:id:konayuki358:20160729103822p:plain「そういえば、飲みに誘ってくれる後輩いたっけ・・・」

 

f:id:konayuki358:20160310210117p:plain( ˘ω˘ ) スヤァ…