読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

昼食と夕食がかぶるでござる。

ネタ ブログ 日常 食べ物 こなゆきのつぶやき

どうも、こなゆきです。

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain

 

どうやら、変な魔法にかかっているみたいで、

昼食に外食すると、

夕食も同じ料理になるみたいでござる。

 

 

 

昨日、せっかくの半休だし、前から気になっていたアボカド牛丼を食べてみようと思ったでござる。

 

f:id:konayuki358:20161013063425p:plain

 

アボカドの味とピリ辛ソース。

ピリッと辛いスパイシーな香りの強い味。

コールスローサラダがその辛さを中和して、まろやかにする。

 

その組み合わせが、とてもマッチしていて、ガツガツ食べれたでござる。

 

肉と野菜とアボカド。

我が家でも再現できそうでござるな。

頼んでみようでござる。

 

 

なんて、考えていたら

 

f:id:konayuki358:20161013063752p:plain

 

夕食も牛丼。

牛すき丼でござるな。

 

 

豆腐は好きでござる。

 

f:id:konayuki358:20161013063936p:plain

 

さらに、そばまでついているでござる。

 

 

 

せっ、拙者、そんなに食べきれないでござる。

 

結局、弟にそばをあげて、牛丼食べたでござる。

 

 

昨日は、牛丼食べた後に、また岩盤浴ともみほぐしを受けに行ったでござる。

 

間を開けずに行って、体を少しでも、柔らかい状態にしておきたかったでござる。

 

体力を非常に使ってしまったでござるから、食欲も細かったでござる。

 

 

うごごご。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

f:id:konayuki358:20161013064523p:plain

いろいろな夫婦の話を耳にする中で、

 

 

夫が描く妻の幸せ像に当てはめることで、夫は幸福感を得ているが、

その幸せ像は、妻の幸せとは結びついていない

 

そのギャップが、夫と妻の溝を生んでいるのかなと

考えたでござる。

 

 

「俺はお前の幸せを思って」

 

「俺がお前を幸せにしてやる」

 

「お前の幸せは俺の幸せだ」

 

 

 

大概、これらを言われている人は、幸せを感じているケースは少ないでござる。

 

 

特に30代以降。

 

 

20代のうちは、燃えるような愛があって、夢を追いかけたり、盲目的に尽くせる元気があるからこそ、

縛られることで、幸せや充足感を感じてしまうかもしれないでござる。

 

 

 

まあ、なんとも言えないでござるな。

 

 

価値観の違いが生まれてしまうのは、当然かもしれないでござる。

 

長い間同じ屋根の下に暮らしていても、

仕事であったり、関わる人や環境が異なれば、

考え方も変わってくるでござる。

 

 

 

しあわせって、自分で感じるものでござる。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

むむむ。

支度の時間が近づいているでござるな。

 

 

もっとまとめたかったな。

 

 

鏡。

 

 

自分が嫌な感情を抱いた時、自分の心に自分の嫌なところが隠れているというのを頭に置いておくでござる。

拙者、気をつける。

 

写し鏡。

 

 

もちろん、誰が見ても不快さを感じるものは、自分の嫌なところとかそういう次元ではないでござる。

 

 

おしまい。

 

今日のエンドカード

f:id:konayuki358:20161013070146p:plain

f:id:konayuki358:20160310210117p:plain( ˘ω˘ ) スヤァ…