読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

母を泣かせた嘘の話。

どうも、こなゆきです。

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain

 

今日は、エイプリルフールでござる。

4月1日は、嘘をついてもいい日でござるな。

しかしながら、人を傷つけたり、嫌な思いをさせる嘘はついちゃいけないというルールがあるでござる。

まあ、エイプリールフールでなくても、人に辛い思いをさせちゃいけないのは、当たり前といえば当たり前でござる。

 

 

その昔、

若気の至りもあり、度を超えた嘘をついてしまったでござる。

 

かつて、拙者が母親を泣かせてしまった嘘の話を思い出話として、

書いていくでござる。

 

 

これは、拙者に彼女がいた時の話でござる。

 

 

彼女と出会ってから、1年が経とうとしていたでござる。

 

温厚な性格で、自分の好きなものには夢中になって取り組んだり、いつも幸せそうな笑顔を見せてくれた年上の女性だったでござる。

 

ある時は、一緒に山登りしたり、トリックアート美術館行ったり。

ある時は、のんびり食べ歩き、飲み歩きしたり。

映画を見たり、夕食とお泊まりデートしたり。

 

 

静岡と埼玉の遠距離恋愛だったでござるが、

月に1回、多い時には月に3回会っていたでござる。

 

そんな幸せな日々を過ごしていたでござる。

 

静岡だと会うに不便だから、東京で暮らし始めたのもこの頃。

 

 

東京での仕事の忙しさもあり、クリスマスイブに仕事を入れて会えなかったこともあったでござるなあ。

 

どうしても、会いたくなって

クリスマスに埼玉まで、彼女に会いに行ったでござる。

 

ラーメン食べたり、ラブラブできて、よかったでござるなあ。

f:id:konayuki358:20170326110402p:plain

それからしばらく経ち、

4月1日の朝。

拙者は母親に、こんなメールを送ったでござる。

 

ーーーーーーーーーー

To 母さん

Tittle (無題)

 

おはよう

 

嬉しいお知らせがあるんだ

 

でも、その前に聞いてもいい?

 

 

お母さんは

孫が欲しい?

 

昨日、OOさん(彼女の名前)から大事な話があるってことで

話したんだ。

 

おめでただったらしい。

 

また、帰ったら、詳しく話すね。

 

すぐ帰るからね。

お昼過ぎくらいかな。

お昼は食べないで帰るつもり。

電車の時間は、また、帰りの電車に乗ったら、連絡するね。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

 

 

もちろん、拙者の送ったメールは嘘。

エイプリールフールのネタでござる。

そのメールを信じて、母はメールを送っていたでござるが、

無視していたでござる。

 

 

じゃあ、なんでそんな嘘のメールを送ったのかというと

3月31日に大きな出来事があったからでござる。

 

 

 

3月31日。

たしかに、彼女と会ったでござる。

3月31日にデートの約束をしていたでござる。

 

しかし、大事な話があると言って、デートプランが変更になったでござる。

 

 

一緒に桜の花を見たでござる。

いつもなら手をつないでいるでござるが、

その日は、手をつなぐことはなかったでござる。

 

 

デートの前の日まで、音信不通だったでござる。

拙者は、そろそろ覚悟しておこうと思っていたでござる。

 

 

桜の美しい散る姿と

いつもなら、隣で一緒に歩いてくれる彼女が

自分より前を早足で歩く姿が

胸をえぐるような寂しさを感じさせたでござる。

 

 

桜を一通り見て、スタバで一息。

 

彼女の口から、大事な話があると切り出されたでござる。

 

ーーーーーー

 

 

TO 母さん

Tittle 今日は、何の日?

 

 

今日は、何の日かなー?

 

4月1日!

 

そう。

エイプリールフール〜

 

 

午前中に、嘘をついて

午後にネタばらしをする日だね。

 

 

 

朝のメールは嘘でした。

(^o^)/

 

 

お母さんのことだから

「エイプリルフールだから、騙されてた振りしてただけだよーん」

とか言いそうだよね〜

(*^^*)

 

ちなみに、

エイプリルフールについた嘘は

【どんなに起きて欲しいと思っている嘘でも、しばらく叶わなくなる】

ってジンクスもあるんだよね。

 

 

結論から言うと

昨日をもって、OOさんとのお付き合いが終わりました。

9ヶ月半幸せでした。

 

チーズはどこへ消えた?」って本のおかげで、ひどく落ち込むことはなかったよ。

 

心機一転、変化を楽しんでいくよー!

 

新しい彼女探しの冒険だー!

あ、塾講師決まったら、頑張ります!

 

就職するなら、塾関係がいいかなあなんて、思ってます。

まだ、少し曖昧だけど。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

母親は、泣いたでござる。

 

 

忙しくて、4月1日に会うことができなかったでござる。

それでも、4月2日に泣いたと伝えてきたでござる。

 

嘘偽りのない涙を目の前で見せてくれたでござる。

 

 

家族の寂しさや悲しさは、誰よりも母親が感じているものだったでござるな。

 

 

自分自身、自分の感情を自分で蓋をしていたのかもしれないでござる。

 

それから2度と会えないわけじゃないって信じていたから、

会えると信じていたから、悲しく無かったでござる。

 

 

それから、2度と会うことはなかったでござるけどね。

 

 

時間が経ち、自分が、経験すればするほど、過去に失ったものの大切さや素晴らしさに気づくものでござるな。

 

彼女が別れ話を切り出したのが4月1日じゃなくて、

3月31日でよかったでござる。

日付を超えてから、嘘だったらよかったのにって、当時は思ったのかもしれないでござるな。

 

おしまい。

 

今日のエンドカード

f:id:konayuki358:20170326131218p:plain

ちなみに、

ここまでの内容全部嘘のお話でござる。

拙者の嘘に騙された人はどれくらいいるでござるか?

(この記事は、1年前くらいからずっと書こうと思って仕込んでありましたwww)