こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

職場見学に来た就活生に伝えたかったこと

どうも、こなゆきです。

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain

 

久しぶりの更新になったでござる。

 

34日ぶりの更新でござるね。

こなゆきの日記が更新されてから最も間隔が空いているでござる。

ブログ更新されていなくても、Twitterには、毎日のように顔を出しているでござるね。

 

 

飯テロしたり

 

 

 

 

 

 

流行りに乗ったり、

 

 

みーちゃんの写真貼ったり、

 

 

 

あと、モンハンにハマりすぎて

ブログをサボっていたのもあるでござるなwww

 

 

 

 

 

f:id:konayuki358:20170611092814p:plain

 

 

さてさて、

最近、起きたことを今日は備忘録ついでに書いていくでござる。

 

 

 

某日

 

拙者の職場に就活生が見学に来たでござる。

将来の進路に悩む就活生。

拙者が出迎えた時、不安そうな顔をしていたでござる。

 

初々しくさと若さを感じるスーツ姿。

艶のある革靴。

 

上司の準備が終わり、上司が就活生から話を聞き、仕事の話や魅力について話していたでござる。

 

そして、拙者に声がかかったでござる。

 

拙者も仕事についての魅力や自分の嬉しかったことを話したでござる。

 

 

上司の話を聞いて、就活生の不安な顔が晴れていき、

イキイキとした素敵な笑顔が見れたでござる。

まるで、自分の将来が見えて、ここで走ろうとするみたいに。

 

楽しそうにうなずき、熱心に話を聞いていたでござる。

 

上司が一通り話したあと、拙者が職場の案内をしたでござる。

 

 

上司「この仕事の魅力は伝わったかな?ちなみに、何%くらいこの仕事に興味持った?」

 

就活生「70%くらいです!」

 

拙者(高い確率でござるな。たしかに魅力的でござる、でも、拙者からもう少し伝えたいでござるな。きらびやかな面もあるでござるが、現実や辛いところ。確かに拙者、この仕事が好きで好きで大好きだから、働いているでござるが、もしも・・・)

 

上司「最後に質問あるかな?」

 

 

拙者(あ、ここで、満足して帰らないで!拙者から、まだ伝えたいことはあるでござる。特にないですとか、言っちゃダメでござる。今後のためにも!)

 

 

就活生から質問があったでござる。

 

就「この仕事をしていて、辛いことってありますか?」

 

拙者(よし、いいでござる。もっともっと質問するでござる!!この子、いい子でござるな)

 

 

上司「んー、そうだねー、社長から数字のことを言われたり、色々言われると悔しいねえ。それでも、悔しさをバネに頑張れるね」

 

上司「こなゆきは、もっとたくさんあるんじゃないかな?」

 

拙者「アドバイスをもらったり、何か言われたりした時に、言葉が胸に刺さって、辛く感じることがあるでござる。それでも、”自分の成長のため”に言っているんだなって思えるから、どんなことであっても、大丈夫でござる。家に帰ってから辛い気持ちになっても、この職場に来た時に、『よし!めっちゃ楽しくなってきた!頑張って働こう!』って思えるでござる」

 

就活生「ありがとうございます」

 

上司「どこかでこっそり、『こなゆき先輩、ぶっちゃけ、どうなんですか?』って聞けたらいいね(笑)」 

 

 

色々、質問してくれてよかったでござる。

勉強のこと、試用期間のこと・・・

 

 

就「でも、大学の就職サポートセンターは、他の民間企業への就職を選ぶように言っていたんですよね」

 

 

上司「実際に、進路を決めるのは◯さん自身であって、誰かに言われたからこうするという選択はしないほうがいいよ。自分で選んで、自分が働く。誰かに言われたからって理由で働いていると”やらされている感”のある仕事を”イヤイヤ”やらなきゃいけなくなる。だから、自分から率先して動くといいよ」

 

 

(注意)拙者が聞いて、拙者の拙い記憶を頼りに書いているから、言葉尻は違うでござる。もしかしたら、ニュアンスも違って見えてしまうかもしれないでござる。

 

 

就活生「ありがとうございました!」

 

上司「それじゃ、気をつけて帰ってね。ありがとうございました。」

 

拙者「ありがとうございました」

 

 

笑顔で帰っていく就活生を見送ったでござる。

不安が晴れ、自信に満ち溢れたその背中は、拙者の気持ちも元気にしてくれたでござる。

 

 

拙者(もしも、彼の決意が決まり、進路をこの仕事にして、ここに入社したら、飲みに誘って色々話したいでござるな)

 

 

本当に拙者が伝えたかったこと

「現実と将来設計、お金、給料の話」

 

 

SNS

「給料さえもらえれば、どこでもいい」

って言葉を見かけたことをあるでござる

 

彼は、そんなことないと思うでござるが、

正直なところ、

会社にぶら下がっている感じの人とは一緒に働きたくないでござる。

貢献しないで一方的にクレクレ言ってくる人とは、働きたくないでござる。

 

 

本当に、自分の意志で「この仕事で働きたい、人の役に立ちたい」って思って働いて、

行動してくれる人がいいでござるなあ。

 

 

それでも、現実問題は色々あるでござる。

 

 

うまくまとまらなかったでござるが、

そんな感じでござる。

 

 

・とにかく、目の前の仕事に一生懸命に取り組む。

・自分のできる仕事を自分から見つけ、しっかり働く。

・報告と連絡と相談をこまめにする。

・プロとしての意識を持つ

 

この4つでござるなあ。

拙者の自戒も含むでござる。

 

自分自身、まだまだ至らない点も多いでござるから、自分自身にも言い聞かせて、働いていきたいでござるな。

 

 

この仕事が大好きだから、働いている

この仕事で人や社会に貢献しているから、充足感を感じている

この仕事を天職の1つだと考えている

 

 

目の前の人が笑顔になってくれる瞬間を見れる時、幸せでござるな。

 

 

拙者も明日からの仕事頑張るでござる〜。

f:id:konayuki358:20170611104534p:plain

 

 

今日の美女エンドカード

f:id:konayuki358:20170611104339p:plain