こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

最近あった悔しかった事

どうも、こなゆきです。

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain
 

 

最近あった悔しい事を備忘録と反省をふまえて書いていくでござる。

 

f:id:konayuki358:20180412074612p:plain

 

「相手の望んだ答えと違ったものを提供する」

ってミスが時々あるでござる。

 

たとえるなら

「カレーライスください」って注文しているのに

「カレーライスよりも美味しいから」

って「ラーメン」を提供するようなミスでござる。

 

 

お客様にしてみれば、

「なんで、カレー食いたいのにラーメン出されなきゃいけんの?」

 

って、感じでござるね。

 

提供している拙者は、悪気はないでござるし、

そのラーメンに魂を込めて湯切りして、具材のトッピングをする。

 

でも、お客様は

「カレーライス」が食べたい。

 

魂のこもったラーメンを

しぶしぶ食べて

「美味いかもしれないけど、俺の食べたいの『カレーライス』なんだけどなあ」

って、思っている

 

という感じでござるね。

 

 

前職でも、同じようなミスをした事があるでござる。

「本当はこうだけど・・・」

って事。

納品してから

「あっ」ってなる事もあるでござるし、

「次こそは」ってなるでござる。

 

そこに、「説明」や「コミュニケーション」が不足していたのも原因だったのかもでござる。

 

「これこれ、こういう理由でこのようになりました」

 

しかし、それが通用しないケースがほとんどなのでござる。

 

「カレーライス」って言われたら

「カレーライス」を提供する

 

至極当然のことなのでござる。

 

f:id:konayuki358:20180412075449p:plain

 

 

今、こうしてブログ書いてて

 

拙者が「求めている答えと違う!もういい!」

ってLINEで元カノに言った時、

「寄り添う事が出来なくて悲しいし悔しい」

みたいな記事を書いていたなあ

 

なんて、思ってしまったでござる。

 

人って同じ失敗を繰り返しちゃうでござるね。

 

でも、その度に気付いて、学んで行動して、改善していけるようになって、器が大きくなるのかなと。

 

逆に失敗を恐れて何もしなければ、

どんどん可能性も出来ることも出来るはずだったことも小さくなっていくでござる。

 

 

ただ、闇雲に失敗するのは、あまり良くないでござる。

少しは頭を使いながら、試行錯誤もする。

 

次はこうしよう、

次はああしよう。

 

 

まあ、取り返しのつかないことなんてたくさんあるでござる。

 

 

そこで、いつまでもクヨクヨしてるより

「よし、次行ってみよう」って切り替えられるか

がポイントでござるね。

 

 

 

拙者のミスの中に

発言した事が相手の取りようによっては

 

「それって、あなたの責任じゃない?」って

裏を返せば、そう捉えられても仕方ないような発言があるでござる。

 

 

相手の求めている答えと違う事が相手の感情を不快にしてしまう。

だから、

できる限り相手の求めている答えに近付ける事

 

これがある意味、今流行りの「忖度」なのかもしれないでござるね。

 

 

さて、女友達にLINEでなんて返信しよう

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタ

 

 

おしまい

 

今日の美女エンドカード

f:id:konayuki358:20180412080006p:plain