こなゆきの日記

橋本病の投薬治療生活を乗り越えたり、いろんな経験を元に「読んだ人が楽しんだり、元気になってもらえたらいいなあ」と思いながら、ゆるーく発信してます。

自己肯定感の満たし方について考えてみた

どうも、こなゆきです。

 

f:id:konayuki358:20160308194825p:plain

 

風邪になったでござる。

せっかくの稼ぎ時のGWがお家でゴロゴロウィークになってしまったでござる

(´;ω;`)

 

 

さて、そんなゴロゴロウィークの中、色々考えていたからその思考をアウトプットしていくでござる。

( ˘ω˘ )スヤァ…

 

題名の自己肯定感の満たし方でござるね。

 

 

拙者自身の考え方ややり方だからこそ、

偏りもあると思うでござるし、

参考になるか分からないでござる。

 

ちょっとでも、誰かの参考や勇気や元気になればなあと思って書いていくでござる。

 

f:id:konayuki358:20180419155357p:plain

 

自己肯定感って

何かに貢献できて、

誰かを笑顔にしたり、

喜ばせる事ができて、

必要とされる事で生まれる気がするでござる。

 

今、拙者は風邪で弱っているでござる。

家族に頼っているからこそ、生きていられるでござる。

働いていない分、給料も入らないでござるし、

職場のメンバーにも少なからず、負担がかかっているでござる。

 

それでも、認めてくれて、

「ゆっくり休んで元気になって戻ってきてね」

って言葉に救われたでござる。

 

 

もし、あなたが何かをしている時

不安でいっぱいかもしれないけど、

そこまで積み上げてきたもの、

自分のやってきたこと、

それを信じる事。

そして、体を動かしてみること。

誰かに価値観ややってきたことを押し付けないこと

まず、行動に移してみるのがいいのかもしれないでござるね。

 

 

自己肯定感を高めるために

・元気な体作り

・自分のできる仕事

・辛い時に手を差し伸べてくれる人

 

この3つが大事なのかなと思うでござる。

 

「元気な体作り」

 

やっぱり、体が資本でござる。

拙者の体質的に、風邪を引くと3,4日寝込むでござる。

元気な時はバリバリ働けるでござるが、

風邪引くと長引いちゃうでござる。

 

体が元気な時は、

心も元気になりやすいでござる。

 

体が痛みを感じていると

心も痛みやすくなり

体が辛さを感じていると

心も辛くなりやすいでござる。

 

 

逆も然り。

 

心だって、辛くなれば

体に症状が出てくるでござる。

 

慣用句にあるように

「腹が立つ」は、怒りを表すでござるが

ストレスを感じて、

胃が縦向きになり、消化不良を起こすと聞いた事があるでござる。

(※あくまで、おばあちゃんの知恵袋的な話でござる)

 

消化不良を起こせば、体調も悪くなるでござる。

 

内蔵を動かしているのは筋肉。

 

筋肉は、疲労を溜めると固くなるでござる。

固くなった筋肉は動かしにくくなるでござる。

 

固くなった筋肉は縮むから、周りの筋肉を引っ張るでござる。

 

筋肉は引っ張られ続けると固くなるから、

結果的に内蔵の周辺の筋肉とそこに関わりのある筋肉も固くなると拙者は考えているでござる。

 

結果的に、腹が立つ(ストレスを抱える)と腰が痛くなったり、肩こりや首のだるさに繋がるのかなと。

 

知らず知らず、ストレスを感じて食いしばっていると

顎の筋肉が、

首の筋肉(胸鎖乳突筋)や

頭の側面の筋肉(側頭筋)を

引っ張るでござる。

 

首には、神経や血管が集中しているから、首の筋肉が固くなると神経や血管が圧迫されるでござる。

そして、自律神経が乱れたり、血行不良を起こしやすくなるでござる。

 

頭の側面の筋肉が固くなると、血管を圧迫するでござる

 

疲れとストレスから頭痛に繋がるのは、ピタゴラスイッチのように、筋肉とのかかわり合いがあるからでござる。

 

 

まあ、話はそれたでござるが、

早い話、

健康で元気な体を作れば、

心も元気になるでござる。

 

筋トレ、ストレッチ、お風呂、もみほぐし、整体...などなど

 

「自分にできる仕事をする」

 

人間って、個人差があるように

仕事のできる範囲、キャパシティってあると考えているでござる。

まあ、トレーニングしたり、経験を積んでいけば、その範囲やキャパシティを広げていくことができるでござるが、

心と体をすり減らし続けるのは、辛いでござる。

 

まあ、慣れないうちは、仕方の無い部分もあるでござるけど、

自分に、何が合っていて、何ができるのか

これを知るのには、行動してみるのが1番でござる。

 

行動するのが、怖いかもしれないでござる

 

たとえば。

ディズニーランド行くのを誘われて

当日の朝や行く前日に

「行くのめんどくさいなあ」って考えたとするでござる。

 

それでも、いざ出発して門をくぐってみたら、楽しくて、帰りには

「ずっといたいのになあ」

なんて言ってしまうくらい楽しい

ってケース。

 

 

たとえがちょっと変だったかもしれないでござる。

 

怖いのかもしれないって、思っていたことがそうでもなかったりすることもあるでござる。

行動してみて、自分で自分に合うことを見つけてみる

これがいいと思うでござる。

 

「辛い時に手を差し伸べてくれる人」

 

とはいえ、

元気な体だって、体調不良になることあるでござる。

 

元気な体で張り切って、行動に移してみて、自分の出来る仕事をしてみたり、

新しくチャレンジしてみたりしても、

上手く行かないことあるでござる。

 

 

そんな時、

手を差し伸べてくれたり、

優しい言葉をかけてくれる人

がいたら、心は少しでも楽になると思うでござる。

 

今一度、自分の周りの人で応援してくれる人、声をかけてくれる人を思い浮かべてみるのもいいかもしれないでござる。

 

 

人間って、支え合いながら生きているでござるからねえ。

 

 

 

まあ、そんな感じでござる。

 

・元気な体作り

・自分のできる仕事

・辛い時に手を差し伸べてくれる人

 

自己肯定感は、自分で満たしていくものだから自己肯定感だと考えているでござる。

それでも、誰かとの支え合いがあるからこそ、自分があるって考えて生きていけるとより一層、楽しいと思うでござる。

 

正しさより楽しさ。

 

拙者も次の出勤日(土曜日)までに現場に復帰出来るようにするでござる

(`・ω・´)キリッ

 

おしまい

 

今日の美女エンドカード

f:id:konayuki358:20180503075457p:plain